こよJ速報!24時!

今日の話の話題になるようなまとめ記事を を随時投稿しています!

    家族

    1: 風吹けば名無し 2022/06/02(木) 23:26:47.28 ID:L1KbjbTuM
    【経緯】

    娘がまだ小さくて嫁と共働き
        ↓
    嫁「子育ては協力してやろうね」
        ↓
    ワイ、時差出勤で1時間通勤時間を早くして保育園の送迎が可能に😊←ここまでは夫婦円満
        ↓
    令和2年に新型コロナ発生
        ↓
    それ以降、月平均80時間~150時間残業、一番暇なときでも60時間
        ↓
    嫁に子育てを丸投げせざるを得なくなる
        ↓
    嫁、仕事との両立が難しくなり退社
        ↓
    世帯年収も減る、ワイは家で寝るだけの生活が2年以上続く
        ↓
    優しい嫁、ついにブチギレ、三行半寸前

    【【悲報】公務員ワイ、ガチで家庭崩壊😢】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2022/04/17(日) 15:30:20.34 ID:wSuJ+I/P0
    代理母の出産直前の胎児を肛門にねじこんで、ひり出す

    Gay couple celebrates world’s first anal birth

    https://sonkonews.com/gay-couple-celebrates-worlds-first-anal-birth/

    【【朗報】ゲイの同性カップルが「世界初のア○ル出産」に成功!】の続きを読む

    1: ボラえもん ★ 2022/03/22(火) 17:45:26.18 ID:TEo5xUOd9
    共働き夫婦の間では、家事に関する不満が溜まりがちだ。
    滋賀県の30代女性(事務・管理)は、「旦那は安月給」と前置きした上でこのように語る。

    「家事はほとんどしない。休日も朝昼晩食べた食器も放置。作ってもらっているんだから洗い物くらいはしてほしい」

    夫婦どちらも働いているのに、どちらか一方だけに家事の負担が集中するのは望ましくない。
    洗い物を手伝うだけでも、妻の気持ちが明るくなるのではないだろうか。(文:草茅葉菜)

    ■夫のほうが先に帰宅する日があっても……
    また、愛知県の40代女性(事務・管理)は、

    「ほとんど私が先に帰宅、食事の準備は私、年に数回ですが主人が先に帰宅の日テレビを見ていたであろう私が遅く帰った日、今日のご飯何?だってぇ」

    と綴り、旦那に対して心底呆れているようだ。

    https://news.careerconnection.jp/lifestyle/love/132253/

    【【社会】共働き妻、家事をしない夫に怒り 「休日も朝昼晩食べた食器も放置。洗い物ぐらいしてほしい」 [ボラえもん★]】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2022/03/19(土) 23:17:32.68 ID:3P3Gqztu0
    愛せますか?

    【ギャル妻「あーしバカだから料理とセ●クスくらいしか取り柄なくってさ」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2022/01/08(土) 08:58:02.07
    何故なのか

    【母親「貧乏でごめんね。」昔の子供「俺が偉くなって稼いでやる!」今の子供「親ガチャ失敗!俺は悪くない」】の続きを読む

    1: ボラえもん ★ 2022/01/08(土) 06:05:00.20 ID:wkn7s5MW9
     「親ガチャ」という言葉がTwitterトレンドに入るほど流行していたとき、興味があってワード検索をかけてみると、ネガティブな反応や嫌悪感を露わにしているつぶやきが非常に多かった。
    例えば「生んでもらった親に対して敬意がない」「親を『ガチャ』という言葉で否定するなんて、親が聞いたら悲しむ」という風に、
    親サイドの目線に立って考えている人たちによる意見が目立ったように思える。

     もちろん若者であっても、親が自分を生んで育て上げてくれたことに感謝し、
    今も良い関係を築けている人であれば「自分の親を『ガチャ失敗』などと例えるなんて」と、「親ガチャ」に対して拒否反応が出てもまったく不思議ではないだろう。

     私個人としては「親ガチャ」という言葉を好んでは使わない。しかしながら、世の中で起こっているさまざまな不平等を解決しようとするとき、
    なくては語れないのが「生まれ育った環境」についてだ。日本における(相対的な)貧困問題はまさにそのひとつで、
    自分が生まれた家庭、育った環境、親が持つ経済力や文化的資本、社会的資本、知的資本がそのまま子へと受け継がれ、大きく影響を与える。

     そうした背景を踏まえると、新型コロナ感染症による経済的打撃を受けた人たちを含め、
    多くの人々の注目が「自分の努力でどうにもしようがないこと」へと集まったのが今回の「親ガチャ」という言葉への共感・流行であり、2021年の象徴的なできごとであったと思う。

    ■「自己責任論」最盛期から、衰退期へ
     とはいえ世間一般には「自己責任論」は支持されやすく、それが正しいかどうかはさておき、特に貧困問題については未だにメジャーな思想だと言える。

     このコロナ禍においても、生活困窮に陥った人たちの状況を報じるニュースには「普段から貯蓄などの備えをしておかなかったのが悪い」
    「収入が下がったり一時的になくなったくらいで生活が破綻するような職にしか就いていないのは本人の怠慢だ」というような批判のコメントが必ずと言っていいほど寄せられる。

     彼ら彼女らの言い分は大体が「自分はこんな不況の中でも努力して生き抜いてきた、だからそうできないのは努力が足りないせいだ」という生存者バイアスの典型的な例であり、
    「飢餓がなく義務教育を受けられる日本に生きている以上、与えられた環境は全員同じであるから、国内での不平等は起こりえない」と信じて疑わないのだ。

    「自己責任論」を振りかざす人たちは、しばしば「貧困からのしあがった成功者」の話を引き合いに出そうとする。
    努力さえすれば、貧困家庭出身でも起業して高収入を得ることが可能だというのだ。ソフトバンクグループの孫正義氏やパナソニック創業者の松下幸之助氏、
    起業家の家入一真氏などがその好例である。確かに彼らはみな貧困家庭で育ったというバックボーンを持ちながらも、努力し、研鑽を重ねて「社会的成功」を得た人たちである。

     しかし貧困家庭に生まれた人たちのうち、一体どれくらいの人間が彼らのような成功を収められるだろうか。
    数十万人に一人いるかいないかの稀有な例を持ち出して、残りの「成功し得なかった」数十万人の存在に目を向けないというのは、あまりにも非現実的な論理ではないだろうか。

    (続きはソースにて)
    https://bunshun.jp/articles/-/50565

    ※前スレ
    【社会】「親ガチャ」という言葉に腹を立てる努力至上主義者の主張が的外れである理由 ★6 [ボラえもん★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1641554043/
    【社会】「親ガチャ」という言葉に腹を立てる努力至上主義者の主張が的外れである理由 ★7 [ボラえもん★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1641563201/

    【【社会】「親ガチャ」という言葉に腹を立てる努力至上主義者の主張が的外れである理由 ★8 [ボラえもん★]】の続きを読む



    【中1の時に高校生の姉の女友達と二人でお風呂入ったけど何もなかった】の続きを読む


    【弟がいる姉のクズ率高いよな】の続きを読む


    【うちの姉ヤバすぎワロタ】の続きを読む


    【ツイッター女性 「電車に乗ったら家族連れのパパだけが携帯いじりながら座ってた」 →6000いいね  あのぉ、ロバの話知ってますか?】の続きを読む


    【【悲報】妹物のエロ漫画持ってるのを妹に見られて気持ち悪がられてる リアル妹に別に興味ねーのに何勘違いしてるんだと言いたいwwww】の続きを読む


    【姉と17歳差あってワロタwwwwww】の続きを読む


    【お前らは彼女や奥さんとはどこで出会ったの?】の続きを読む


    【蛭っ子「おじちゃん白いおしっこ出すから嫌い~」】の続きを読む



    【おまいらAV女優のお父さんの気持ち考えたことあるのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ