こよJ速報!24時!

今日の話の話題になるようなまとめ記事を を随時投稿しています!

    男女関係

    1: 風吹けば名無し 2022/06/13(月) 12:12:57.09 ID:fBqGgm27a
    nagi.
    @8310ishiari
    夜職してるとめっちゃ思うけど「男は9割の女に何となく好意を持ってて、女は9割の男に何となく嫌悪感を持ってる」って真理だよね

    758件のリツイート
    58件の引用ツイート
    8,293件のいいね

    https://twitter.com/8310ishiari/status/1535082330360004621
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【夜職女性さん「男の9割が女性のことが好きでも、女性の9割は男のことが嫌いです。諦めてください」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2022/05/18(水) 19:40:47.41 ID:qK5ESAeW0
    https://i.imgur.com/hoonai1.jpgno title


    返事返ってきた
    こっからどうしたらいいんや

    【【緊急】半年以上前から途絶えたマッチングアプリの女にLINEしてみたんやが】の続きを読む

    1: 七波羅探題 ★ 2022/02/23(水) 11:06:39.38 ID:jMuSNua69
    PRESIDENT Online 2/22 17:00
    https://president.jp/articles/-/54838

    「孤独耐性」は女性のほうが高い
    ■結婚しているか、していないかで寿命が変わる
    日本は間もなく「多死社会」に突入します。死亡者年間150万人以上が50年以上も継続する見込みです。150万人のうちの9割以上が75歳以上の高齢者の死亡です。これは、すでに超高齢国家となり日本の人口構成の大きな比率を占める75歳以上の後期高齢者群が、まとめて寿命を迎えるタイミングに入るからです。

    厚生労働省の「簡易生命表」によると、2020年の日本人の平均寿命は男性が81.64歳、女性が87.74歳ですが、当然ながらそれより短命の人もいます。そして、この寿命の長さは、男女の違いだけではなく、独身なのか結婚しているのかという配偶関係の別によっても大きく変わります。

    最新の2020年人口動態調査の15歳以上の配偶関係別死亡者数のデータから、男女それぞれで配偶関係別の死亡中央値年齢を算出すると以下の通りです。

    ■「一人では生きていけない男、一人だと長生きする女」
    男女ともに配偶者と死別した人の死亡中央値がもっとも高く、平均寿命を超えます。一方で、男性では未婚の死亡年齢がもっとも若く、67.2歳で未婚男性の半分は亡くなっていることになります。これはほぼ平均寿命平均と同一値の有配偶男性より14年以上も早い。離別男性も平均寿命を大きく下回り72.9歳です。未婚でも離別でも独身という状態にある男性は短命であることが分かります(ちなみに、2018年時点で算出した時は未婚男性死亡中央値は約66歳でしたので少しは伸びていることになります)。

    反対に、女性では有配偶女性の死亡中央値が78.6歳と一番低く、女性の平均寿命を大きく下回ります。むしろ、女性の場合、未婚で81.6歳、離別でも80.9歳と、独身のほうが長生きです。ここからは「一人では生きていけない男・一人だと長生きする女」という構造も見えてきます。この傾向は決して2020年だけの特殊な事例ではなく、配偶関係別死亡統計のある1980年代から一緒です。

    もっとも、これは15歳以上の全年齢を対象とした計算となります。30歳未満の若年層は未婚率も高く、未婚の死亡中央値が低くなるのは当然であるというご指摘もあるでしょう。

    では、生涯未婚率の考え方をとりいれて、50歳を基準として、50歳まで生きた人たちの配偶関係別死亡構成比をみてみたいと思います。50歳まで未婚であれば生涯未婚と同様であり、今後配偶関係が変化する確率は低い。同様に、熟年離婚が増えているとはいえ、50歳以上での離婚は全体からすれば低い構成比でもあります。結果を見ると、50歳以上でも配偶関係別の死亡中央値順位は変動しません。

    ■未婚男性の半分は年金も満足に受け取れない
    多少の違いはあっても、50歳以上でさえ未婚男性がもっとも短命です。半数が68歳くらいで死亡しています。ということは、未婚男性の半分は65歳から年金を受け取ったとしても、ほぼ3年程度しか受け取れない計算です。

    未婚のまま生涯を終える男性に対して、時に既婚者たちから「結婚して子どもを産み育てることもしないフリーライダー」呼ばわりされることがありますが、自分の働いた金で積み立てた年金すらほとんど受け取らずに天に召されるのだとしたら、フリーライダーどころか社会のために身を犠牲にして尽力しているとも言えないでしょうか。

    独身が短命であるという理由は、生活習慣によるところが大きいと思われます。2020年における死因を配偶関係別に比較してみましょう。データは45~64歳までのいわゆる現役世代の働き盛りの男性の死因を、配偶関係別の構成比と当該年齢全体の構成比と比べたものです。プラス表示になっているものは、全体の構成比より高いもの、すなわちその死因が多いことを意味します。

    ■未婚は腎不全、離別は肝疾患が飛びぬけている
    一目瞭然で、有配偶男性が上回るのは悪性新生物(癌)のみで、他はほとんど未婚と離別の独身者が上回ります。未婚の死因では、腎不全比率がもっとも高く、続いて高血圧性疾患、糖尿病と続きます。一方、離別男性は肝疾患が飛びぬけています。いずれにしても、明らかに未婚・離別の独身男性と有配偶男性とでは死因も異なることが分かります。独身者に癌が少ないのは、決して癌に対する耐性があるわけではなく、癌が発症する以前の年齢で、上記生活習慣病によって死亡しているものと推測します。

    未婚中年男性がこうした生活習慣病に罹患しやすいのは、ほぼ食生活です。家計調査によれば、単身男性(勤労者)のエンゲル係数は高く、特に外食費は、コロナ前の2019年まででいえば、1家族の外食費の2倍近い出費を一人でしています。
    (以下リンク先で)

    【【社会】「一人だと短命になる男、一人だと長生きする女」年金すら受け取れない独身男性の虚しい人生 [七波羅探題★]】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2022/02/02(水) 20:28:18.00 ID:aFt9x/IZ00202

    【【悲報】浮気したホストさん、まんさんに処刑される】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2022/01/30(日) 15:16:31.92 ID:7YxlEZV+0
    Y 『優しさ・思いやり』
    S 『自然体でいられる』
    K 『価値観の一致』

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f1317508cef27b48d5a862de1b605c5b91b83bfa

    【【朗報】もう「3K」は古い!女性の結婚相手の条件は「YSK」へ】の続きを読む

    このページのトップヘ