こよJ速報!24時!

今日の話の話題になるようなまとめ記事を を随時投稿しています!

    婚姻・離婚

    1: 風吹けば名無し 2022/06/13(月) 11:52:14.46 ID:dKNiXnga0
    疲れたときに埋もれられるのが良すぎたんや

    【面食いワイ、嫁を乳で選んでしまう】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2022/06/13(月) 11:14:06.30 ID:jgPfz6Oe0
    ■相談LINE「独身おっさんはどうやって友達を作れば」 胸が痛くなる切実な内容に「未来の自分」「恥を捨てるしかない」

     この相談を受けたのは、ライターのヨッピーさん(@yoppymodel)。相談内容は、「会社以外の知り合いが全くいなくて危機感を覚えているのですが、いい年した独身のおっさんはどうやって友達を作ればいいのでしょうか」というもの。

     ヨッピーさんはこの相談に「友達の飲み会混ぜてもらってそこから友達の輪を増やしていくとか…?」と提案。しかし、返ってきた言葉は「その友達がいないんですが」。ヨッピーさんはただ、「胸が痛い」としか言えなくなってしまったのでした。

     この内容にネット上では、「これに関してはほんとに自分も危ない」「わたしもヲタクになってなかったら完全にこうなってたわ」「私ね」など理解を示す声や、「会社以外に自分の居場所を作ることがまず必要」「小さい店を探して1人飲みの常連になる」「年齢差を気にしないのも一つかと思います」といった知見が寄せられていました。

    画像
    https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/2206/10/kontake1607966_220609yoppi01.jpgno title

    【【悲報】結婚しない自由を語っていた独身オッサン総じてぼっちになる】の続きを読む

    1: ぐれ ★ 2022/06/11(土) 11:36:20.87 ID:CSZG3flT9
    ※PRESIDENT Online2022/06/10 18:00

    そもそも「出産適齢期」の女性が減っている
    アメリカの実業家、イーロン・マスクさんが日本の人口減少に触れ、Twitterで「日本はいずれ消滅する」と書き物議を醸しました。

    まあその通りですからね。

    これに対しては、少子高齢化の問題を政策的に問題だとする日本人の反応も相次ぎ、少子高齢化対策で無策な戦後自民党政治に対する批判の声も多く寄せられました。

    さらに、6月3日に厚生労働省が発表した2021年の日本の合計特殊出生率は1.30と、過去4番目に低い数字となったと報じられ、国立社会保障・人口問題研究所が2017年に予測していた人口推計が約4年から6年前倒しで少子化が進行したぞということが明らかになってしまいました。

    後述しますが、出生数と大きな因果関係を持つ婚姻数も19年から10万件近く減少し21年は50万1116組となり、何とも大変なことになりました。マスコミ各社も一斉に出生数の減少は国難だと報じ、まあそれはそうなんだけどいまさらなんなんだという感じにはなってきておりますね。

    先般、荒川和久さんが「少子化ではなく少母化である」という趣旨の記事を書いておられましたが、少子化以前に出生可能な18歳から35歳までの女性の絶対数が減ってしまっている以上、いくら後付けで世帯当たりの子供出生数を増やそうと頑張ってもなかなか人口回復にはつながらないという指摘は当然のことと言えます。

    ただ、後述しますが、日本は伸び悩んでいるとはいえ経済大国であることに変わりはないわりに、経済力の伸びに逆相関して出生率が下がる出生率において世界平均で見れば日本は「裕福な国だけど、割と少子化対策が成功してまあまあ出生率は高い国」になっています(*1)。

    続きは↓
    https://president.jp/articles/-/58480?page=1
    ※前スレ
    稼げない男性は子供を残せず次々と死んでいく…これから日本が直面する「非常に苦しい20年」に起きる事 ★2 [ぐれ★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1654908496/

    ★1 2022/06/11(土) 07:58:49.30

    【稼げない男性は子供を残せず次々と死んでいく…これから日本が直面する「非常に苦しい20年」に起きる事 ★3 [ぐれ★]】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2022/06/05(日) 09:22:37.28 ID:tl2vHTicM
    40歳だとそろそろリミットやぞ早く始めた方がいい

    【30代後半で独身なのに婚活してない奴】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2022/05/23(月) 08:47:34.44 ID:PIzk2J/la
    日本の少子化対策はなぜ失敗したのか

    http://www.keidanren.or.jp/journal/times/2022/0519_07.html

    ■ 少子化の日本的特徴・要因

    これまでの日本の少子化対策は、欧米に固有の慣習や価値意識が日本にも当てはまるものと考え、「大卒、大都市居住、大企業勤務」の働き手の両立支援に偏ってきた。育児休業制度も充実したが、雇用保険制度外のフリーランスや自営業の方は取得できない。

    欧米の少子化対策は、(1)一人暮らしが多く、結婚・同棲に経済的メリットがある(2)女性は差別されず、仕事で自己実現を求める(3)恋愛が盛んである(4)子育ては成人まで――の4点を前提としている。そのため、子どもを育てながら働き続ける条件を整えればよく、収入が不安定な男性でも結婚できる。

    一方、日本では親と同居の独身者が多く、特に地方で女性差別的な慣習が残る。また、恋愛感情は重視されず、将来にわたり親に子育ての責任がかかる。このため、欧米のような両立支援だけでは効果的な少子化対策にならない。

    若年男性の経済格差が拡大し、女性が十分な収入を得ることや働き続けることが難しいなか、「男性が家計を支える」という意識が続けば結婚は増えない。今後の少子化対策は、「収入が不安定な男性をどのように結婚までもっていくか、そのような男性と結婚しても大丈夫という女性をどう増やすか」にかかっている。

    【経団連「少子化は男の給料が低くて不安定なせい。それでも結婚していいと思う女を増やす必要がある」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2022/05/14(土) 19:54:33.56 ID:OGTaF0Er0
    女子「 男がケチすぎる。金を出さない。だから最近は結婚したいけどしたくない女性が増えた。」
    https://i.imgur.com/RTf3HpI.jpgno title

    【【悲報】未婚男女の増加、原因は『男性レベルの低下』だった事が判明】の続きを読む

    1: たかし ◆2FZUf2.4eE 2022/05/09(月) 15:31:11.62 ID:/gkwNiWd0

    【tnk生えてる女を嫁にして10年経ったわけだが】の続きを読む

    1: ボラえもん ★ 2022/05/07(土) 20:55:16.18 ID:ZxILhDFg9
    ■新計算式で変わった生涯未婚率
    前回の記事(【国勢調査】不詳補完値の正式採用により、2020年の生涯未婚率は男28.3%、女17.8%へ)の続編。

    生涯未婚率(50歳時未婚率)を不詳除く従来までの計算方法から不詳補完値に基づく新計算式に変更すると、
    全国値だけではなく、当然各都道府県の値も変わる。都道府県によって、ほぼ大差ないところもあれば、大きく変わるところもある。

    今回は、不詳補完値による生涯未婚率の男女別都道府県ランキングをご紹介する。

    従来方式のランキングはすでに過去記事において紹介している。それはそれで過去からの推移をみる分には重要な指標でもある。
    また、今回の不詳補完値との差を見比べてみるのもおもしろいと思われる。

    従来方式計算による都道府県別2020年の生涯未婚率ランキングはこちら
    →「男の未婚の多い東日本、女の未婚の多い西日本」生涯未婚率の男女地域差
     https://news.yahoo.co.jp/byline/arakawakazuhisa/20220117-00277707

    ■不詳補完値による都道府県ランキング
    不詳補完値に基づく生涯未婚率都道府県ランキングし以下の通りであ。従来の計算方式によるトップ10の都道府県をオレンジ色で表示した。
    備考欄に、不詳補完値のトップ10の従来計算方法との順位変動も記載している。
    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-yn/rpr/arakawakazuhisa/00294555/image-1651676279043.jpegno title

    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-yn/rpr/arakawakazuhisa/00294555/image-1651676301342.jpegno title


    ■大都市ほど多い不詳未婚
    男女とも東京が1位となった。

    男性に関しては、東京だけではなく、神奈川、埼玉、千葉という首都圏が上位4位までを独占した。
    そして、その4つともほぼ30%である。これは、年齢不詳や配偶関係不詳の割合が、都市部ほど多いことによる。

    不詳の振り分けは、ホットデック法、コールドデック法などによるが、生涯未婚率対象年齢の45~54歳に関しては、
    不詳のうちの6割が未婚に振り分けられている。よって、不詳人口が多ければ多いほど、
    従来の計算方法による未婚率よりも高くなってくるというわけだ。首都圏以外では、大阪などの大都市も順位をあげているのはそれによる。

    一方、女性は、従来方式のトップ10と大きく順位の変動はなく、トップ10の中で多少の入れ替えがある程度だ。

    前回、従来方法のランキングで女性は高知が1位になったことで、各種メディアで話題になったが、不詳補完値では東京にトップの座を譲ったことになる。

    ちなみに、東京の女性の23.8%とは、5年前の従来方式による男性の全国生涯未婚率とほぼ同等である。東京の女性の未婚化は大きく進行しているといえる。

    ■東京は地獄か?天国か?
    東京に関していえば、男の3人に1人、女の4人に1人は生涯未婚ということだ。
    こちらの記事(日本の人口移動は若者によって決まる~東京圏からの人口流出など起きていないという事実)で、
    東京人口一極集中は止まらないという話をしているが、今後も東京集中が進むことで未婚率は増えるだろう。

    東京では「未婚のアリ地獄」にはまるという見方もできる反面、これだけ多くの未婚者がいる東京では、
    たとえ結婚しないで独身のままでいても気ままに暮らせる「未婚天国」であるともいえる。

    かといって、地方にいけば劇的に既婚率があがるというわけでもなく、全体的に未婚化は進んでいるわけで、
    私が「結婚滅亡」というタイトルの書籍を上梓することが、あながち適当なことを書いているわけではないとお分かりいただけると幸いである。

    前回の時も述べたが、首都圏と大阪以外でいえば、男性は東日本、女性は西日本エリアの未婚率が高い傾向は、不詳補完値を使ったとしても一緒である。

    福井、滋賀の両県が男女とも未婚率最下位グループに位置することも一緒である。勘違いしてはいけないのは、
    これは有配偶者がこの両県に住む割合が高いという結果論の話であって、福井や滋賀に住めば結婚しやすいということではない。
    https://news.yahoo.co.jp/byline/arakawakazuhisa/20220505-00294555

    ※前スレ
    【未婚化】 東京都の男性 すでに3人に1人が生涯独身 ★4 [ボラえもん★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1651921821/

    【【未婚化】 東京都の男性 すでに3人に1人が生涯独身 ★5 [ボラえもん★]】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2022/03/14(月) 17:24:34.48 ID:ZlKCABBNdPi
    都内OLの佐伯悦子さん(仮名・44歳)も婚活に挑んでいるが、「年々相手にされないのがわかる」と苦しんでいる一人だ。
    「20代の頃は彼氏もいましたが、お互い非正規雇用の低賃金で、家庭を持つことを考えられなくて、破局してしまいました。
    仕事に生きてきましたが、35歳を過ぎたあたりから親も『いい加減に結婚したら?』と口うるさく言い始めて……」

    重い腰を上げて一般的な婚活パーティに参加すれば、「年齢」がネックで相手にされなかったという。35歳を過ぎた女性は、あからさまに“対象外”の扱いをされると嘆く。
    40代以降限定のパーティでは、今度は「売れ残りの変な男しかいない」というジレンマに苛まれる。
    「自分も“売れ残り”なのは重々承知です。『理想が高いんでしょ?』なんて言われるけど、私自身は、年収400万~500万円程度で“普通”の男性がいい。
    でも、それすら高望みなのかな……」

    借金をしてまで100万円のエステに通い、高額な美顔器も購入した。結婚するために、必死の覚悟で美容グッズを買い漁っているが結果にはつながらない。
    「綺麗になってもダメなら、何をすればいいのでしょうか」

    気づけば、婚活に1000万円以上をつぎ込んだという佐伯さん。婚活漂流者となった彼女は、この日の取材後もパーティに向かったのだった。
    残念ながら、年収400~500万円の独身男性は全く「普通」ではない。男性は年収の高さと、
    既婚率がきれいに相関する(つまり年収が高いほど結婚できる)という残酷な現実がある。
    35-39歳男性で、年収別に配偶者がいる比率を見ると、年収400~499万円で71.4%、500~599万円で79.3%と、
    かなりの男性が“売れてしまっている”状況だ(労働政策研究・研修機構「若者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状」2014年)。

    となると、40代女性の婚活戦略は「綺麗になる」ことよりも、「自分が稼いで、年収が低い男を選択肢に入れる」のが現実的だ。
    だが、いまだに女性には「自分より収入の高い男」を求める上昇婚志向がある。
    低収入の女性からすれば無理もないことだが…現実はあまりにも厳しい。

    【44歳婚活女子「タイムリミットが迫っています…でも低収入の変な男しか寄ってこない…」】の続きを読む

    1: 七波羅探題 ★ 2022/03/06(日) 11:53:11.16 ID:HJlFv9d19
    「あまり子どもは欲しくない」「結婚せず自分の収入のみで生活」が過去最高に 今の大学生、将来についての考えは?
    神戸新聞2022/3/5
    https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/omoshiro/202203/0015111928.shtml


    イマドキの大学生はライフスタイルをどう考えているのでしょうか。2023年卒の大学生・大学院生を対象に「大学生のライフスタイル調査」を実施したところ、「夫婦共働き」を希望する割合は男子59.9%、女子74.5%でした。また、「育児休業を取って積極的に子育てしたい」割合は男女ともに半数を超えた一方で、「今のところ子どもは欲しくない」については、男子が7.5%、女子が14.5%と、いずれも調査開始以来最も高い結果となったそうです。

    「株式会社マイナビ」が2021年11月から12月にかけて、2023年3月卒業見込みの全国の大学3年生、大学院1年生3756人(文系男子663人・理系男子688人・文系女子1609人・理系女子796人)を対象に実施した調査です。

    23年卒の大学生・大学院生に「結婚後の仕事に関する考え」を聞いたところ、「夫婦共働き」を希望する割合は、男子 59.9%(前年比1.0pt増)、女子74.5%(前年比0.8pt減)でした。また、「結婚せず自分の収入のみで生活するのが望ましい」を選んだ割合が、男子10.6%、女子11.6%と、調査開始以来最も高い割合となり、初めて1割を超えたそうです。

    次に「子育て」について聞いたところ、「育児休業を取って積極的に子育てしたい」と回答した割合は、男子は59.9%(前年比3.4pt増)、女子は68.0%(前年比1.9pt減)という結果に。男子は7年連続の増加となり、14年卒の調査開始以来、最高値を4年連続で更新したといいます。

    その一方で、「今のところあまり子どもは欲しくない」の割合は、男子が7.5%(前年比2.0pt増)、女子が14.5%(前年比2.9pt増)で、いずれも調査開始以来最も高い結果となったそうです。

    さらに「興味のある社会問題」について聞いたところ、1位となったのは「少子化・働く女性支援(33.2%、前年比7.3pt減)」で、理系女子でも1位(42.7%、前年比11.5pt減)という結果に。前年1位だった「伝染病・感染症対策」は前年比27.4pt減の24.7%でした。文系女子の1位は「ジェンダー平等・社会的性差(48.9%)」で、文系男子では「格差社会(33.6%、前年比0.1pt増)」が初の1位となりました。理系男子では「地球温暖化(36.0%、前年比5.9pt減)」が1位だったそうです。

    最後に「これまでに選挙で投票したことがありますか」と聞いたところ、79.2%が「はい」と回答。また、投票に行ったことがない人に「行かない最大の理由」を聞いたところ、1位は「地元に帰らないと投票できないから」(22.7%)だったそうです。

      ◇  ◇

    調査を実施した同社は、「今後、彼らは就職先の企業について考えていく中で、自分自身と自分のパートナーとなる人が、結婚や子育てを経ながら共にやりがいを持って働き続けるために、『働く女性支援』や『社会的性差』の問題に対峙していくことでしょう。彼らを採用する立場である企業は、こういった彼らの問題意識に真摯に向き合うことが大切だと考えます」と述べています。

    ★1:2022/03/06(日) 10:15

    前スレ
    「あまり子供は欲しくない」「結婚せず自分の収入のみで生活」過去最高 今の大学生将来についての考え
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1646529353/

    【「あまり子供は欲しくない」「結婚せず自分の収入のみで生活」 今の大学生将来についての考え★2 [七波羅探題★]】の続きを読む

    1: デビルゾア ★ 2022/02/02(水) 04:00:13.32 ID:Y6SyfBFj9
    コロナ禍で変わる「女性が結婚相手に求める条件」理想は年収600~800万円未満

    (中略)

    コロナ禍における「女性の結婚相手に求める条件」の変化

    同調査より、まずは、コロナ前に重視していた条件とコロナ後に重視するようになった条件の変化を見てみましょう。

    コロナ前の1位は「安定した収入・職業である」でした。一昔前は三高(高収入・高学歴・高身長)ともいわれましたが、コロナ前でも男性の収入や職業を気にする女性が最も多かったようですね。

    一方でコロナ後は、「一緒に過ごす時間の居心地の良さ」が1位になっています。家にいる時間が増えて仲良くなった夫婦もいれば、コロナ離婚という言葉が流行したように夫婦仲が悪くなったご家庭もあるでしょう。一生をともに過ごすことを考えると、改めて居心地の良さを重視する大切さを感じたのかもしれませんね。

    「安定した収入・職業である」は2位ですが、ポイント数はそこまで変化がなかったため、引き続き重視する人が多いようです。

    3位の「健康である」はコロナ禍ゆえに上昇したと言えそうです。(中略)

    理想の年収は「600万以上 800万円未満」

    先ほどの調査では、安定した収入や職業であることは2位に転落したものの、ポイント数はそこまで変化せず求める女性が多いことが分かりました。

    では、具体的に結婚相手に求める年収はいくらでしょうか。

    一般社団法人 日本リレーションシップ協会が2021年12月1日に全国の25歳以上 50歳未満の女性414人を対象に行った「結婚相手に求める条件とパートナーの年収」によれば、未婚女性のパートナーの理想年収は「600万以上 800万円未満」でした(2021年12月21日公表)。詳細を確認しましょう。

    未婚の女性の理想は「600万円以上800万円未満」が最多で28.6%ですね。

    上記には既婚者のパートナーの現在の年収もあります。既婚者では「400万円以上600万円未満」が最多で28.9%となりました。

    (中略)

    ほんとうに大切にしたいことを見つけるために

    コロナ禍の影響で居心地の良さを大切にする女性が最も多い結果になりました。一生一緒に過ごす相手だからこそ、長い時間一緒にいても心地よく思える関係は大切でしょう。

    一方で、安定した収入や職業を求める声も多く、未婚女性の理想は年収600~800万円と平均給与と比べて高い結果になりました。出産を考える場合には休まなければならない不安も一因と思われます。

    厚生労働省の「2019年国民生活基礎調査の概況」によると、18歳未満の子どもがいる世帯で仕事をしている女性は72.4%、仕事をしていない女性は27.6%。

    仕事をもつ母の中でも正規で働く方は26.2%、非正規は37.8%です。非正規の方が多いものの、2004年から比べると正規・非正規ともに約10ポイント増加しています。

    (中略)

    一方で、さまざまなサービスを使いながら仕事を続けたり、一度は働き方をセーブするものの先々を考えて資格を取得したり、実際に仕事復帰したりする女性もいます。

    女性も経済的にも自立することで経済面の不安が薄れて、パートナー選びでほんとうに大切にしたいことも見えてくるかもしれませんね。今回の結果をもとに、改めて自分が結婚相手選びで大切にしたいことを考えてみてはいかがでしょうか。

    (全文はこちら)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/60d3a87e5f3307f3829736b75c68d6a655164529

    【【婚活】コロナ禍で変わる「女性が結婚相手に求める条件」…安定した収入に加え、“一緒にいて居心地がいい人”を重視 [デビルゾア★]】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2022/01/15(土) 08:26:13.94 ID:gqwDi0Vkd
    タイムリミットに怯える!44歳・婚活漂流

     都内OLの佐伯悦子さん(仮名・44歳)も婚活に挑んでいるが、「年々相手にされないのがわかる」と苦しんでいる一人だ。
    「20代の頃は彼氏もいましたが、お互い非正規雇用の低賃金で、家庭を持つことを考えられなくて、破局してしまいました。
    仕事に生きてきましたが、35歳を過ぎたあたりから親も『いい加減に結婚したら?』と口うるさく言い始めて……」

    重い腰を上げて一般的な婚活パーティに参加すれば、「年齢」がネックで相手にされなかったという。35歳を過ぎた女性は、あからさまに“対象外”の扱いをされると嘆く。
    40代以降限定のパーティでは、今度は「売れ残りの変な男しかいない」というジレンマに苛まれる。
    「自分も“売れ残り”なのは重々承知です。『理想が高いんでしょ?』なんて言われるけど、私自身は、年収400万~500万円程度で“普通”の男性がいい。
    でも、それすら高望みなのかな……」

    借金をしてまで100万円のエステに通い、高額な美顔器も購入した。結婚するために、必死の覚悟で美容グッズを買い漁っているが結果にはつながらない。
    「綺麗になってもダメなら、何をすればいいのでしょうか」

    【44歳婚活女子「タイムリミットが迫っています…でも低収入の変な男しか寄ってこない…」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2022/01/11(火) 18:00:53.21 ID:Yd8YTjDf0
    新成人が結婚したいと考えている年齢は?

    すると、「25歳」(21.1%)が最も多く、「28歳」(16.0%)、「26歳」(13.3%)と続いた。
    新成人の7割以上は25〜30歳で結婚したいと考えていることが分かった。


    no title


    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2201/10/news003.html

    【【緊急】新成人「25歳までには結婚すべき」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2021/12/17(金) 13:31:15.33 ID:c8OfahRp0
    する意味ない!

    【【悲報】結婚のコスパ、悪すぎる】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2021/12/11(土) 09:01:05.93 ID:zT8ONZtR0
     結婚したいけれど受け身で「いい人が現れますように」と祈って願って待って、気づけば30代になっていた美幸さん(仮名・33歳・中部地方在住)のお話を紹介します。

    「なんか出会いがあるかもしれないし、周りに独身の人も多かったので。みんな『出会いないね』って言っていたのに、結婚する人もいましたね。気が付いたら33歳でした」
    「気が付いたらって、玉手箱空けたわけじゃないし、ある日とつぜん33歳にはなりませんよ」

     美幸さんは突っ込みに笑って「そうですよね~」と返してくれました。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0f2f166b087a59f46b6535fec4541818bb309fea

    【女(33)「気付けば33に」婚活コンサルタント「玉手箱じゃあるまいし、ある日突然33歳にはなりませんよ」】の続きを読む

    このページのトップヘ