こよJ速報!24時!

今日の話の話題になるようなまとめ記事を を随時投稿しています!

    災害

    1: ボラえもん ★ 2022/03/30(水) 08:51:07.70 ID:P/ybfyZd9
    イーロン・マスクは、社会が「気候問題」を解決すると確信しており、それがいつになるかということが重要だと述べた。

    彼は、太陽光発電が「長期にわたって文明の動力源となる」と予測している。

    しかし、それに移行するまで、各国は原子力エネルギーを維持する必要があると述べた。

    イーロン・マスク(Elon Musk)は、将来的な地球の気候について楽観視している。

    「我々は気候の問題を解決するだろう。それがいつになるかということが重要だ」と、Insiderの親会社アクセル・シュプリンガー(Axel Springer)のマティアス・ドフナー(Mathias Dopfner)CEOとのインタビューで、マスクは語っている。

    テスラ(Tesla)とスペースX(SpaceX)のCEOであるマスクは、脱炭素化は最終的に太陽エネルギーによって達成されると予測した。その移行に向けて重要なのは、太陽エネルギーを効果的に貯蔵し、将来にわたって使えるようにする技術だという。

    「当然ながら太陽は昼間しか照らないし、曇る日もある」とマスクは言う。

    「だからこそ、太陽電池が必要だ。それが長期的には、文明を維持するための主要な動力源となるだろう」

    太陽光発電への移行が可能となるまでは、原子力発電所の維持が不可欠だとマスクはデプフナーに語った。

    「そのことは、いくら強調しても足りないぐらいだ」と彼は言う。

    「原発を停止させるなんて、狂気の沙汰だ。はっきり言う、完全な狂気だ」

    この発言は、2011年3月の福島原発事故の後にドイツが原子力発電の段階的廃止を決定したことに言及したものだ。2022年3月初めには、ロシアのウクライナ侵攻によってドイツのロシア産石油への依存度が浮き彫りになったことから、マスクはTwitterでヨーロッパでの原子力発電の拡大を呼びかけた。

    ヨーロッパが停止中の原子力発電所の稼働を再開し、既存の原子力発電所の出力を増やすべきであることは明白だ。

    これは、国内外の安全保障にとって「重要」なことだ。

    「激しい地震や津波が発生する場所であれば、(原発が稼働できるのかは)疑問ではある」とマスクはインタビューの序盤で述べている。

    「ドイツのように大規模な自然災害のリスクがなければ、原発にとって何も危険なことはない」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9b75962cc4973c7a16c1f6da7478036b3abe9fcf

    【【米国】イーロン・マスク氏「激しい地震や津波が発生する場所での原発稼働は疑問」 [ボラえもん★]】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2022/03/17(木) 15:10:08.32 ID:LuwNuVnO0

    【【悲報】南海トラフ地震、想定死者数32万人想定被害総額220兆円www】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2022/03/17(木) 16:07:11.33 ID:zKbkzYJVp

    【ネトウヨ「今回の地震はやっぱ人工地震だ!トランプ大統領バンザイ!」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2022/03/11(金) 07:19:59.43 ID:jSjipKOq0
    ジジイ「ここは津波が来る場所なんや😡避難所になる高台を作るべきや😡」
    役所「津波って…😅ガイジかな、あれ😅👉」
    ジジイ「お前らが作らんなら自分で作るで🔨😡」
    村人「あのボケ老人あれに退職金注ぎ込んだらしいで😂👉」
    ジジイ「いつかこの高台にみんな感謝する日が来るんや🛖🔨😡」
    東北土人「津波とか来るわけ無いやろ🤣🤣🤣」

    手作り避難所、70人救った 10年かけ岩山に 東松島
    http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103290226.html

    【【寓話】ジジイ「ここは津波が来る場所なんや😡」東北土人「ガイジかな😅」】の続きを読む

    1: スペル魔 ★ 2022/01/16(日) 10:44:13.75 ID:kxn8dEXw9
     地震や津波などの災害を通知してくれる緊急速報「エリアメール」を、神奈川県が15日夜から16日朝にかけて何度も送ってくるため「うるさすぎて眠れない」との不満の声がSNSで挙がっています。

    no title

    トンガ沖噴火による津波予想、神奈川県だけで600回以上通知

     問題の緊急速報は15日13時ごろにトンガ諸島で起きた大規模な噴火による津波を警告するもので、太平洋沿岸部に住んでいる多くの人が同じように目にしたことと思います。

     問題は、その緊急速報を通知する回数があまりにも多いことです。

     ドコモが提供しているエリアメールの全国の配信履歴を確認してみると、ほかの都道府県では多くても40回程度にとどまっているなか、神奈川県だけ600回以上も発信しています。

     しかも、この数字はいまも増え続けています。

     この「600」という数字は神奈川県全体のものですが、地域ごとで見ても多いところは20回も送られています。

     時間帯も0時16分から始まり、26分、39分、45分、50分、1時01分――そして5時30分と数分から1時間の間隔で緊急速報が鳴り続けているような状態です。

     これはさすがに「眠れない」と苦情が出ても仕方のないレベルでしょう。

     こうなると「あまりのうるささに緊急速報の通知をオフにする人」が出てきます。というかすでに「通知オフにした」との声を確認できます。

     ちなみに緊急速報「エリアメール」の通知は

    iPhone:【設定】→【通知】→【緊急速報(一番下にスクロールで表示されます)】
    Android:【災害用キット】→【エリアメール】→【設定】(ドコモの場合。基本的には検索バーから「緊急」「エリア」のキーワードを検索すると設定メニューを開けます)
     からオフにできます。

     複数の端末を所有しており、それぞれが鳴り出して困っている方はメインスマホ以外をオフにするとあちこちで緊急速報が鳴らなくなるのでおすすめです。

     スマホがメイン1台という人は、電源を切ったり、機内モードにしたりすることでも対応できます。

     ただ、これらの対処のなかで通知をオフにした人は落ち着いたころに「緊急速報の通知を再度オンにする」ことを忘れないようにしてください。

     たとえば寝る前にオフにしたのであれば、起きたあとは絶対にオンにしましょう。オフの状態のままではもしも災害が起きた場合、その通知を受け取れません。

     リマインダーアプリの活用やカレンダーにスケジュールとして登録するなど、緊急速報の通知の再有効化を忘れないようにしましょう。

    神奈川県は緊急速報「エリアメール」の運用見直しを
     ただ、問題なのはやはり神奈川県による緊急速報の運用方法だと思います。

     今回のように夜中にあまりにも多くの緊急速報(しかも一度知ってしまえば不要な内容)を送ってしまっては、通知をオフにする人が出てきます。

     その人たちが再有効化するのを忘れていた場合、もしくは夜間に別の大規模災害が起きた場合、その通知を受け取ることができなくなるのです。

     その責任は夜中に緊急速報を何度も送り続けた神奈川県にあります。

     神奈川県と緊急速報の組み合わせと言えば、2020年5月にも「GW期間中の外出自粛要請」を緊急速報で送ってしまうという「誤った運用」がありました。

     今回の件で一番大きな3メートルの津波が予想された岩手県が40回なのに対し、なぜ神奈川県は600回なのか? 神奈川県の説明と今後の改善案が待たれます。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20220116-00277593

    【【神奈川】「うるさすぎて眠れない」神奈川が緊急速報エリアメールを夜中に何度も何度も発信。計600回以上に [スペル魔★]】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2021/12/12(日) 22:22:12.74 ID:C280Lhy1M
    Town center of #Mayfield is basically gone. Just about every building destroyed. @WDRBNews
    no title

    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1469649946878038022/pu/vid/1280x720/O4k8K2Q4tyMCQ7Is.mp4

    【【速報】米ケンタッキー州で発生した竜巻で街が消滅←日本沈没みた後だと鳥肌立つぞ!】の続きを読む



    【もうさ、首都移転した方が良くね?】の続きを読む



    【【悲報】関東在住が死亡したけど災害に強い県を教えろや】の続きを読む


    【一般人「地震だ!隠れろ」YouTuber「カメラ、カメラ、撮らないと」←これ】の続きを読む

    このページのトップヘ